本田透「電波男」

なかなか書店で見つからなくて注文して買ったんですが、
もうAmazonでは在庫切れらしいですね。タッチの差で手に入れたって感じ。

自分は中途半端なオタクかつキモメンであり、
熱心というわけではないけど、「しろはた」読者であり、
ほぼPC-9801時代でギャルゲはやめてしまったのだけど、
一応「萌え」という感覚はわかってるつもりでいます。
そういう自分自身の立ち位置を表明した上で、
この本はかなりの部分で共感できたし、熱いモノを感じることができるものでした。
これは読んだ後、なにか書かねばならんと思わせる力がありますね。

というわけで早くもネット上ではかなりの話題になっているみたいですが、
まとめサイトと感想リンクをむさぼるように読んでたら
あっという間に一日経過ですよ・・・

まあ、全ての部分で共感できるわけではないし、
恣意的な引用や解釈もあるような気もするんですが、
論理の組み立てはしっかりしているし、大筋は著者の意見に賛成です。
まだ書き足りないのでまた明日にでも。

しろはた:http://ya.sakura.ne.jp/~otsukimi/index.html

電波男まとめwiki:http://f32.aaa.livedoor.jp/~odio/c0071811_21305399.jpg
[PR]
by backspin1999 | 2005-03-29 21:29 | 読書


<< 本田透「電波男」そのに スクールランブル >>