タイガー&ドラゴン

「#7:猫の皿」

今回はいつものごとく、古典落語「猫の皿」を
古着のプレミアジーパンとお笑いの新人発掘イベントに絡めたお話。
やっぱり落としどころがキレイで上手い。

竜二(小竜)が少しずつ、落語に気持ちを動かされる流れになってきてるけど、
最終的にどん兵衛と完全に和解して落語界に戻ってきて、
虎児のライバルになっちゃったりするんですかね?
[PR]
by backspin1999 | 2005-05-27 23:34 | テレビ


<< ウルトラマンネクサス 今日のiPod、On-The-... >>