交響詩篇エウレカセブン

「EPISODE NO.08:グロリアンス・ブリリアンス」

金のため、宮崎キャラみたいなバーさんをテロリストとして軍に売り飛ばす
・・・と見せかけて、というお話。
ヴォダラクは反政府組織っていうよりもアーミッシュみたいな
自然回帰宗教みたいな感じでしたね。

ゲッコーステイトが軍と戦ってる大義がイマイチ見えてこないですが、
話が進むにつれて、すこしずつ登場人物の素性が明かされていく感じですね。
来週はエウレカの過去にちょっと触れたりするのかな?
[PR]
by backspin1999 | 2005-06-05 07:40 | テレビ


<< 魔法戦隊マジレンジャー ふしぎ星の☆ふたご姫 >>