ウルトラマンネクサス

「Final Episode:絆 - ネクサス - 」

というわけでいよいよ最終回。
OPなしで冒頭いきなり正体を現した石堀ことアンノウン・ハンド。
なぜか副隊長へと受け継がれた光のエネルギーを
即効で闇に変えてダークザギが覚醒!
大ピンチ!ってところでやっと孤門に光が受け継がれ、
アンファンス→ジュネッス→ブルー→ノアのモードチェンジを繰り返して
なんとか撃破・・・という怒涛の流れ。

後半に行くにつれて展開が盛り上がりをみせて面白くなっていっただけに、
つくづく前半のダレが残念だったなぁと思う本作。
最終回までは駆け足でも、そこそこ上手くまとまっていたので、
視聴放棄しないで最後まで観てて良かったなーとはとりあえず思います。

全体の構成とキャラクターの描き方をもうちょっとどうにかすれば
前半からでも格段に面白くなったハズなのになぁ・・・
平成ライダーの成功を受けてか、微妙にリアルな設定と
人間ドラマ中心の話づくりをしようという気概だけは伝わったんですけど、
鬱展開以外のドラマがほとんど記憶に残らなかったです。

自分には最後まで副隊長がいい先輩には見えませんでした。
ちょっとダダみたいだったし・・・
[PR]
by backspin1999 | 2005-06-25 08:20 | テレビ


<< ロックマンエグゼ ストリーム 熱い! >>