仮面ライダー響鬼

「二十三之巻:鍛える夏」

夏の合宿と称して、未経験の音撃棒の練習で轟鬼さんをシゴきまくる響鬼さんと、
そのシゴきに耐えかねてどんどん落ち込んでいく轟鬼さん。

そして、希望のドラムパートに就けず、
ブラバン部でホイッスルという微妙な役どころをまかされ、
イマイチ練習に身が入らない明日夢くん。
二人のおかれた境遇がうまく対比されていた話でした。

響鬼さんなりにがんばって教えていたみたいだけど、
あんまし人に教えるのは得意じゃなさそうだなぁ響鬼さん。
[PR]
by backspin1999 | 2005-07-13 11:04 | テレビ


<< おねがい♪マイメロディ RISING SUN ROCK... >>