おねがい♪マイメロディ

「第18話:時間がいっぱいあったらイイナ!」

仕事に追われて琴と海に行く約束も果たせなくなってしまったパパの前へ
クロミ様登場。いつものように夢の扉を開くと、
まわりの時間の流れが遅くなる魔法が発動。

・・・というのは錯覚で、「自分がまわりの時間を遅く感じるほど早く動いている」
という状態になっているだけなので、
コーヒーを飲もうとすれば豪快にぶちまけることになってしまい、
自分の感覚で喋るとテープの早回しのようになってしまい、会話もままならず、
肝心の仕事も、キーボードを高速で叩きすぎて破壊。
なんのメリットもありませんな。

それどころか、代謝も高速になっているので、何分かの時間が一日にも感じられ、
数分でとんでもなく空腹になってしまうピンチな状況に。

結局、マイメロによるメロディマークによって解決するんですが、
時間の概念の変化の妙に細密な状況の描写っぷりがちょっとSFっぽかった回でした。
視覚だけ遅れてくる状態になるのは「地球が静止する日」だったっけ?
そんな雰囲気の作品を思い出しました。
[PR]
by backspin1999 | 2005-08-01 04:49 | テレビ


<< サービス 交響詩篇エウレカセブン >>