礼文リヴェンジ2日目

二日目。おやど天翔にて起床。すぐさまチェックアウトして、
朝一の礼文行きのフェリーに乗るため、ターミナルへと直行。
今日は丸一日礼文なのでかなり余裕があります。

船尾に出ると外の空気が気持ちよく、
船酔いなんぞする気配もありません。友人は昨日の疲れもあって爆酔。
島に着くと、ゆっくりする余裕もなく、
今日泊まる宿に荷物を預け、島内の定期観光バスへ。

コースは桃岩展望台→澄海岬→ストコン岬と要所を巡りつつ、
島内の要所をバスから見て回ります。

まずは桃岩・猫岩。桃岩は桃を半分に割ったように見える巨岩。
猫岩はそのまま、猫の後姿に見える岩。
バスガイドさんの流暢な喋りにて説明されます。
「花の浮島」という別名で呼ばれることもあって、
礼文特有の高山植物が咲き乱れる様はなかなか本土では見れないなぁ
と思えるものでありました。

続いてバスは澄海岬へと向かいますが、ここでアクシデンツ!
もともとバスに弱い友人のこと、なんとなく心配はしてたんですが、
海岸線に沿ったカーブの多い道にすっかりノックダウン。
昨日からの疲れもあってここから一日、
友人は食欲もあまり無く終始微妙なローテンションという感じに。
小腹の空きをタコザンギなんかを食ってごまかしながら、
島内を巡り、お次は島の北端、スコトン岬へ。

運がいいと観れるとバスガイドさんが言っていたアザラシの昼寝も見れてラッキー!
距離はかなり遠巻きで、でかい泣き声が遠くからでも聞こえるので
アザラシがいる、ということはなんとなくわかるって程度でしたけど・・・
スコトン岬では名物として「昆布入りソフトクリーム」が売っていて、
美味しいのか半信半疑ながらも当然のように挑戦(2)
以外と昆布とバニラって合うんだなぁ、という印象。一度お試しあれ。

ということで去年果たせなかった島内観光というリヴェンジを終え、
いざ昼食、ってところで、ホントはここで「礼文ふるさとまつり」で
何か食う、という予定だったのだけど、地元の祭り感覚で考えてたら、
どうやら開催は6時から、とのこと。これじゃ昼飯にならんなぁ、
ってことで、島内の軽食屋「」でタコカレー。
タコたっぷりで大変美味しゅうございました。
友人は岩海苔入りうどん。バス降りてちょっと回復したかな?という感じ。
この店、食事以外に巨大なソフトクリームで有名で
最大17段を誇るものまであるという話。
さすがにそれに挑戦する勇気は無く、7段巻きの「セブンソフト」に挑戦(3)
充分でかい。

昼食を食べてからも少し時間が空いたので、郷土資料館で暇つぶしし、
ふるさと祭りが始まる頃になっていよいよ屋台が出始めました。
夕食も控えてるので、とりあえずほっけスティックと焼きうにでビール二杯。
日が落ちてきたので送迎車を呼んで今日の宿泊「民宿・はな心へ」

安いから、ちょっと古めの宿かな?と思ってたけど、なんだ、綺麗じゃないですか!
部屋に冷蔵庫がないのがちょっと不便だったけど・・・
ひとまず休んで、それほど間もおかないうちにすぐ夕食。
友人はうにが一口しかつかないことに不満の様子だったけど、
個人的に味付けが良くてかなり美味しい食事でした。

腹を落ち着けてから、再びまつりへ。
島内の若者がバンドで演奏するらしいというので
ちょっと気なって観に行ってみるとB'Zのコピーやってました。特に感想なし。

そして去年と同じく、酒屋で酒とつまみを買い込んで、
酔っ払ったあげくに就寝。
[PR]
by backspin1999 | 2005-08-10 23:42 | 雑記


<< 礼文リヴェンジ3日目 礼文リヴェンジ1日目 >>