<   2005年 03月 ( 65 )   > この月の画像一覧

六花亭「マルセイバターサンド」

c0071811_732330.jpg
北海道土産に激しくオススメしたい至高のお菓子。
レーズンが苦手でもこれなら大丈夫という人多数。
「びんちょうタン」での「キラキラ光る甘いお菓子」
としてもごく一部で有名です。

「ジンギスカンキャラメル」などの
ネタ感溢れるゲテ菓子もたまにはいいんですけどね。
[PR]
by backspin1999 | 2005-03-31 22:32

本田透「電波男」そのに

岡田斗司夫氏の「オタク学入門」がオタク独特の感性を長所として
世間に広めるための啓蒙書であったのに対し、
それから9年、オタクの、とりわけその中でも現在主流になりつつある
アニメやギャルゲの美少女キャラに「萌え」ることを主とした
「萌え系オタ」のメンタリティに深く言及していくのが本書です。

とはいえ本書がオタのみならず、かなり普遍的な価値を持っていると感じられるのは
本書のキモになってくる「恋愛資本主義」という概念の提示にあるのではないかと。
セカチューやら電車男などに代表される昨今の純愛ブームなどに、
言い表せない胡散臭さや欺瞞を感じている人間は思いのほか多いと思うけど、
本書はそんな感覚をちゃんと理論立てて上手く代弁してくれてます。

文体は顔文字こそ使ってないものの、サイト上での文体とだいたい同じで
「なんだってー!(MMRより)」などのオタクタームやネット用語で満載。
その文体のためなのか、はたまた、すでに読む前のイメージ段階で
「うはwwwオタクキモスwww」という偏見に満ち満ちているものか、
感想サイトなどを見回ってみると、まあ誤読・偏見の多いこと。

論旨としては、やれ、もうちょっと服に気を使って積極的になれだの、
やれ、そんなこと考えてるから女に相手にされないんだ、だの、
二次元に萌えるなんて現実から逃げてる、三次も捨てたもんじゃないだの、
恋愛資本主義という概念の理解にはけっこうな壁があるんだなぁと思うことしきり。
意外と自らもオタクを名乗る人からの内ゲバ的批判が多いのも興味深い。
というかもう、それは誤読ではないんだな。もう当たり前になり過ぎちゃってる。
世界の見え方自体が違ってるんですね。
[PR]
by backspin1999 | 2005-03-30 20:58 | 読書

本田透「電波男」

なかなか書店で見つからなくて注文して買ったんですが、
もうAmazonでは在庫切れらしいですね。タッチの差で手に入れたって感じ。

自分は中途半端なオタクかつキモメンであり、
熱心というわけではないけど、「しろはた」読者であり、
ほぼPC-9801時代でギャルゲはやめてしまったのだけど、
一応「萌え」という感覚はわかってるつもりでいます。
そういう自分自身の立ち位置を表明した上で、
この本はかなりの部分で共感できたし、熱いモノを感じることができるものでした。
これは読んだ後、なにか書かねばならんと思わせる力がありますね。

というわけで早くもネット上ではかなりの話題になっているみたいですが、
まとめサイトと感想リンクをむさぼるように読んでたら
あっという間に一日経過ですよ・・・

まあ、全ての部分で共感できるわけではないし、
恣意的な引用や解釈もあるような気もするんですが、
論理の組み立てはしっかりしているし、大筋は著者の意見に賛成です。
まだ書き足りないのでまた明日にでも。

しろはた:http://ya.sakura.ne.jp/~otsukimi/index.html

電波男まとめwiki:http://f32.aaa.livedoor.jp/~odio/c0071811_21305399.jpg
[PR]
by backspin1999 | 2005-03-29 21:29 | 読書

スクールランブル

「第26話:突然の「さよなら」…迷い込んだラビリンス…あなたはだれ?…教えて。「すれちがい」「片想い」とどけ、ボクの気持ち。とどけ、ワタシの想い。たぶん一度しかない季節、青春の1ページ。これが最後のチャンス、確かめたい…キミの気持ち。伝わる言葉、伝わらない想い。あの日の告白、永遠の一日、だけど…いつまでも続いていく、わたしたちの「いま」。そして明日へ…「スクールランブルフォーエバー」」

長えよ!サブタイトル!ということで最終回ですよ。
原作がまだゴタゴタと進行中なので
それぞれの関係性に勝手に結末をつけるわけにもいかず、
話の位置的にも文化祭前という中途半端な時期ってことで、
最終回としてどんなふうにシメてくるのか・・・

・・・と思ってたら最後にまとめることは潔く放棄して
「いかに最終回っぽくなくするか」
の限界に挑戦したような、なかなかにアナーキーな作り!
次回予告がいらないことが最後のオチになってるのには不意をつかれた感じ。
やってくれるなぁ。

回を重ねるごとにスタッフがどんどんノってくるのが見ていてもわかって、
次はどんなことをやらかしてくれんのか、と楽しみになるアニメでした。
なんか二期シリーズとかも制作されそうな感じが。なんちてな。
[PR]
by backspin1999 | 2005-03-29 20:02 | テレビ

聖飢魔Ⅱ「THE OUTER MISSION」より「不思議な第3惑星」

逆空耳の名作。SEX MACINEGUNSにも似たような曲があったような。
さりげなく「わかるわきゃない様式美」とか歌ってるあたりが憎い。
[PR]
by backspin1999 | 2005-03-28 21:33 | 音楽・CD

レジェンズ~甦る竜王伝説~

「#50:風と共に去ったとさ」

いやもう、コレ以上ないくらいのまとめ方ではなかったかと。大地カントクGJ!
ランシーンはいきなりイイ奴になっちゃうし、CEOはちゃんと改心するし。
別ルートだと戦死しちゃうレジェンズたちもちゃんと生き残って我に返るし。

レジェンズウォー回避したらみんな消えちゃうんじゃないのかなぁ、
というのは予想範囲内ではあったんだけど、
別れの演出が上手くて、いつもと違うED曲がまたいい歌でねぇ。・゚・。(ノд`)。・゚・。

いわば玩具宣伝のためのアニメで、開始当初の雰囲気からすると
普通のバトルありギャグアニメのようだったんだけど、
ここまでスケールのでかい話になるとは思わなかったなぁ。

正直、裏番の「マシュマロ通信」とも迷ってたこの時間の番組なんだけど、
続けて観ていてホントに良かったと思える作品でした。
[PR]
by backspin1999 | 2005-03-27 10:46 | テレビ

ふたりはプリキュア Max Heart

「第8話:悩みぶっ飛び!ひかりを結ぶみんなの絆」

たこ焼き姐さんとひかりとポルンのお話。
だんだんぼんやりしてたひかりのキャラクターが
ポルンとの絡みによって完成されてきたような気がするね。
[PR]
by backspin1999 | 2005-03-27 10:13 | テレビ

仮面ライダー響鬼

「九之巻:蠢く邪心」

明日夢きゅんはホントにフラグ逃しの天才だなぁ・・・
実はやきもきさせてフラグ強化してるんなら逆に達人級だけど。

響鬼さんがファイヤーダンスみたいな新技を披露。
「鍛えた甲斐、アリってとこだな」なんて言っちゃうあたり、カッコ良すぎ。
音角奪われたのに、全然動じない上、生身でも強そうな感じだし。

来週はいよいよライダー共闘ですね!
[PR]
by backspin1999 | 2005-03-27 09:29 | テレビ

魔法戦隊マジレンジャー

「Stage7:夢の中へ~ジンガ・マジーロ~」

今日は翼ちん主役の回だったんだけど
相変わらず、マジアニキのほうばっかり目が行く・・・
サラダを食うたびに、脳裏にアニキの笑顔が!
翼ちんは弟に顔が残念だと思われてるのか~。

前作デカレンジャーにメインの敵となる悪の組織がいなくて、
戦隊モノとしての全体的な流れがあんまりなかったせいもあるけど、
マジレンジャーは他の戦隊モノに比べてもベラボーに展開が速い気がする。
来週早くも女の子二人の話だしなぁ。
[PR]
by backspin1999 | 2005-03-27 08:57 | テレビ

幻星神ジャスティライザー

「第25話:まぼろしの勇者」

いきなりなんじゃこりゃあぁっ!いつも以上の超演出!!
と思ったら、今回は脚本が浦沢義雄らしいですね。ガッチンポー!

頭からハートが出る演出なんて久しぶりに見たよ・・・
デストコマンドもなんだか兄弟愛満載でイカス奴らだったし。

しかしライザーシロガネ登場の回なのにこんなバカ話でいいのかなぁ・・・
[PR]
by backspin1999 | 2005-03-26 10:35 | テレビ