<   2005年 03月 ( 65 )   > この月の画像一覧

ウルトラマンネクサス

「Episode25:予兆 - プロフェシー - 」

ネクサスについてのことでTLT上層部に尋問される孤門たち、
というか前半はほとんど総集編。
ああ・・・根来さんついにMPに捕まっちゃった・・・

最後の最後にちょっとだけジュネッスブルーキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
[PR]
by backspin1999 | 2005-03-26 08:46 | テレビ

騙された・・・

ドラえもん新キャストの流出音源とかいうものを
ちょっと前にたまたま某所で拾ったりしたんだけど、
昨日のドラえもんでの初お披露目聞いてみたら・・・

・・・全然違うじゃねぇかよぅっ!

偽流出音源がよくあるドラえもんの物真似風「ソフトだみ声」だったのに対し、
本物は随分と印象を変えてきた感じ。でも慣れるとけっこう良さそう。
偽者はだみ声のかすれ方がいちいちオッサン臭くてキモいんだよ!誰だおまえ!

それから、しずかちゃんの入浴シーンは児ポ法に引っかかってしまうため、
新シリーズからはなくなるらしい・・・という真っ赤なデマを流した奴、表へ出ろ!

あと、キャスティング発表前に
能登麻美子がキャスティングされるらしいというデマ流した奴!
おまえが出て欲しいだけだろ、それ!

・・・とまあ様々なデマが流布されるくらい
「ドラえもんのキャスティング変更」ってのは
かなりの一大事なのだなぁと改めて思った次第です。
[PR]
by backspin1999 | 2005-03-25 22:47 | 雑記

新堂冬樹「カリスマ(下)」

上巻の人間の浅ましさ、卑小さを執拗に描くイヤ~な作風に比べると
下巻のこちらは城山麗子がついに洗脳される冒頭からまさに怒涛の展開。

ラストのどんでん返しは、伏線もちゃんと張ってあって唐突ではないんだけど、
今まで積み上げてきた、どんよりとした不穏な空気感に比べて、
いささかドラマチックに過ぎる気もしてちょっと興ざめかなぁ。

なんにせよ、傑作なのは間違いないと思うです。
c0071811_21252379.jpg
[PR]
by backspin1999 | 2005-03-25 21:24 | 読書

デカレンジャーVSアバレンジャー

恒例の東映Vシネマ戦隊VSシリーズ。
デカレンジャーの基本である、刑事モノを元にした話づくりというシステムが
いかに戦隊モノに馴染んでいたかを再確認。

アバレンジャーのメンバーはもちろん、
脇役の面々も懐かしかった!まさか恐竜やがあんなことに・・・

しかし、今回の敵(広島弁+名前が「不仁義」+白マフラー)といい、
ウメコ&ジャスミン&らんるの極妻コスプレといい、
やけに任侠映画テイスト満載だったのは
「Vシネ=任侠」っていう単純な連想からきたギャグなのかな?c0071811_8234263.jpg
[PR]
by backspin1999 | 2005-03-24 18:45 | 映画・DVD

レモ/第一の挑戦

古くはホームズの使う謎の東洋武術「バリツ」、
最近ではリベリオンの「ガン=カタ」なんてのもあったけど、
本作の「シナンジュ」も胡散臭さではひけをとらない感じ。

シナンジュは韓国に伝わる伝説の武術にして、
空手、忍術、クンフーのほか、あらゆる武術の起源になったというモノ。
これを習得すると、とりあえず水の上を歩いたりとか、
拳銃の弾をヌルヌルとかわしたりとかできます。えー武術?

「シナンジュ」でググっても、この映画と「忍者伝説 シナンジュの秘宝」っていう
タイトルからしていかにもダメそうな映画しかヒットしないところをみると、
シナンジュもたぶん、創作のなかでのファンタジー武術っぽい。

アメリカ人って絶対、「アジアンテイスト加えとけば、なんでもアリなんじゃね?」
と思ってるフシがあるよなぁ。

でもまあとりあえず、その胡散臭さがいい味出してます、この映画。
B級アクションとしてけっこう楽しめる出来だし。
第二の挑戦マダー?チンチン(AA略)。c0071811_21211845.jpg
[PR]
by backspin1999 | 2005-03-24 14:45 | 映画・DVD

スターシップトゥルーパーズ

「2」がすべてレンタル中だったので、渇を癒すべく、所有済みの一作目を。
まあ「2」はあんまり評判がよろしくないみたいですけれども・・・

親玉である芋虫エイリアンの口に拷問器具をブスッと指すと
「検閲!」の修正が入るところは何回見ても爆笑してしまう大好きな作品。
ポール・バーホーベンはホント下品でいいよね。ビバ!下ネタ!c0071811_744124.jpg
[PR]
by backspin1999 | 2005-03-23 17:02 | 映画・DVD

GREEN DAY「JAPAN TOUR 2005」後編

会場に「ツァラトゥストラはかく語りき」が流れ、
待ちに待ったGREEN DAYがステージに登場すると、会場はいきなり沸騰。
一発目は最新アルバムより、「American Idiot」!
前半は「St. Jimmy」など、Newアルバムからの曲が中心でした。
続いて、中盤は「Long View」からヒット曲中心の構成に突入。
「Basket Case」「Minority」ではお約束のごとく大合唱!

今回はたまたまムチャクチャステージに近い位置のチケットがとれたので、
ビリーの刺青の模様から、尻の割れ目までバッチリ見えましたですよ。
途中ビリーが水鉄砲で水を撒く場面なんかもあったけど、
LIVEで熱くなった体にはまさに恵みの水。我先にと浴びに行ってました。

アンコールの後からはヒット曲に加えて、カバー曲なんかも披露。
Queenの「We Are The Champions」では紙吹雪が会場中に舞ってとても綺麗でした。
そしてラスト曲はなんとThe Clashの「I Fought The Law」!

どうも各種掲示板での感想やブログなんかを見てみると、時間が長くて
他会場で演ってない曲も多数あったらしく、すごく得した気分です。
LIVEを終えて、終電にゆられて地元に帰ると、とても心地よい疲労感。
いやあ、それにしても楽しかった!是非また来てGREEN DAY!
[PR]
by backspin1999 | 2005-03-23 02:35 | LIVE・イベント

GREEN DAY「JAPAN TOUR 2005」前編

前回の来札が2002年の3月ってことでちょうど3年ぶりになりますGREEN DAY。
今回は会場が月寒グリーンドーム。つどーむや札幌ドームと違って、
場内に観客が待機できる場所がまったくないので、
荷物と上着を預けると30分以上Tシャツ一枚で屋外で待たされるツラい仕様。

まずはOAのSUGAR CULTが登場ということになっていたハズが、
「メンバーのMarkoに赤ちゃんが誕生いたしましたので、
今日は三人編成での公演となります」とのアナウンスが。場内ウォ~!
LIVE自体はOAってこともあってマッタリ進行だったけど、
ボーカルが「ベイビー、カワイイ、カワイイ」とか言っててほほえましかったです。
「Memory」はやっぱり名曲ですね~。

続いて、会場設営の人がなぜか幕間の「We will rock you」で手拍子はじめたり、
ウサギの着ぐるみとゴジラの着ぐるみがバトルしたりして、会場をなごませます。
以下、後編!
[PR]
by backspin1999 | 2005-03-22 23:58 | LIVE・イベント

変身音叉・音角

c0071811_2237865.jpg
買っちゃった・・ ・鍛えてないけど・・・

金色部分の鈍い質感がかなりいい感じ。
ディスクアニマルとも組み合わせて遊べるらしいので
いずれ買ってしまうでしょう。

ディスクアニマルは茫々で言われている通り、
アカネタカが人気で品薄の状況みたいです。
[PR]
by backspin1999 | 2005-03-21 22:37

ローレライ

・展開にタメがなくて話の細部がもすごく端折られているような気がする
・話の筋はアニメっぽいけどオタク好きのさせるディティールとか歴史考証はおざなり
・佐藤隆太の役はいらない子

なんて欠点は些細なものだと思うぐらい、ひさしぶりに堪能できた映画。
エモーショナルな戦争映画に飢えているせいかもしれないけど、
下手に海戦を派手に描こうとせずに、艦内とその周辺の人間模様中心に
恥ずかしげもなく浪花節を貫いているのがイイ!

まあシチュエーション的な旨味はホンの力によるところが大きいとは思うのだけど、
場面場面の切り替えが気持ちいいと感じるのは、コンテ職人たる樋口真司の面目躍如。
本作は樋口真司の初監督作品とのことだけど、次作も期待できそうだなぁ。

本編では完全にいらない子だった清水にちゃんとキャラクターがついたり、
いまいち説得力の薄かった浅倉大佐の演説がフォローされていたりするらしいので、
原作もちょっと読んでみたほうがいいっぽいですね。
[PR]
by backspin1999 | 2005-03-21 02:15 | 映画・DVD